【無料メルマガ】ミナトのセフレつくり7日講座

32歳からセフレつくりをはじめてセックス中毒になるまでナンパ活動をしたミナトの経験を余すところなくご紹介してます

無料セフレつくり講座を読むにはコチラから

PCMAXで超詐欺写メのデブスとの出会いと今後の対策を考えた話

PCMAXで超詐欺写メのデブスとの出会いと今後の対策を考えた話

こんにちは、ミナトです。

僕デブな女がダメというか超苦手です。

これは子供のころからというか
デブが生理的にダメなんすよ。

わかる人はわかると思うんだけど。

デブのあのハラの肉のダンダンになってるのとか
アゴの部分が
「あれ?アゴってあるの?クビとアゴの境界線はどこ?」

とか見ると、けっこう冷や汗かくくらいに
俗っとするほど嫌というか。

つか、男のデブはまだいいんすよ。
なんとなく親しみやすいというか
そういうのあるから、デブな友達とかは
フツーにいました。

ただ、女のデブはすげえいやで
とにかく苦手意識を持っていたんですね。

まあデブ女が「好き」って男は
デブ専の人だけでしょうけど。

ホント、デブな女ムリムリ
そんなかんじでした。

で、そんな僕がPCMAXで
詐欺写メにあって
デブ女と会ってしまった・・・・

初期のころのお話です。

すごく心に残ってるというか
「絶対にもう二度とこういうことはないように」
という経験をして

この経験を反面教師にしたというか。
そのおかげでセフレつくりのウデも
上がっていったという
ターニングポイントになったお話です。

ここからストーリーで書いてんで
気楽に
サクッと読めるんでどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

オレは自宅でPCMAXいじってた。

PCMAXで素人童貞を捨ててから
2か月

何人かの女ともヤレて、
オレは少し調子に乗ってた。

次はどんな女と会えるかな?ぐへへ

キモイかんじで女のプロフィールを探す。

こいつはパパ活だからスルーだな。
うーん、この娘はちょっと会うには距離が遠すぎるああ・・・

こんなことやりながら
コツコツメールを送ってく。

オレの基本戦略は
プロフ画像のない女にメールを送ることが多い。

そのほうが競争率も低いし
返信率もそここある。
10通送って2~3通は返信がある。

「お、返信が来た」
と1人の娘からメールが来た

21歳の女子大生
プロフ画像が無いから
顔はわからない。

「おお、女子大生いいねー」

オレはノリノリでメールのやり取りを始めた。

「おお、女子大生と会えるかもしれん」

ちょっと成功体験が続いてたから
「次もうまくいくだろう」
みたいなかんじになってたんだよね。

その娘とLINEを交換した。

オレ
「写メ送ってよ」

女「えー、送るのー?」

とその娘はちょっと渋ってた。

が何度かさいそくすると
1マイの画像が送られてくる。

その画像見てオレは
「あーまあギリギリ大乗ぐかも・・・」
と思った。

ぽっちゃりはしてるけど
デブではないかんじ。
目もぱっちりしていて、
ブスではない。
画像も加工しあるっぽいけど、まあ大丈夫だろう。
じゅうぶんイケそうなレベルだった。

画像を確認して安心したオレは
「メシでも食べようか?」
と打診し簡単にOKだった。

「ん?いやに簡単にOK出たな、まあいいか・・・・」

なんとなくこの時ちょっとイヤな予感してた。
トントン拍子でスムーズにいきすぎる。

これ今だとわかるんだけど
話がスムーズにいきすぎるときって
ちょっと警戒心をもつくらいでちょうどいい。

そりゃうまくいくときもあるけど
あんまり話があっさり進むときには
何かワナがあるみたいな。

でも、オレこのとき
女とチョコチョコとセックスができるようになってた時期で
ちょっと浮かれてたんだよね。
まずいよねそういうときって。

「まあ、会えるからイイか」
と軽い気持ちでルンルンだった笑。

ちょっとドライブしながら
メシたべようみたいなノリりで
その娘を誘う。

で、土曜日の昼
ちょっとローカルよりの駅の
南口で待ち合わせ。
噴水があって待ち合わせしてる人も
ちらほらいる。

さて、来てるかなあの娘
噴水のあたりで待ち合わせだけど・・・・

あれ?なんかずいぶん恰幅のイイ女がいるなあ。
メイプル超合金の安藤さんみたいな・・・・

あれ?でも他に女いないな。
え?あれ?そういうことなの?

オレは急に手汗がぐしょぐしょになるというか
ちょっとゾクゾクという冷や汗が出てきた。

「冷や汗」ってのをリアルに感じる数少ない瞬間。

安藤さんっぽいのと目が合ってしまった

その物体が
「ミナトさんですか?」
とか聞いてきた。

「ああ、終わった・・・・・・」

オレはもうその時点で全てを悟った。

その娘(以下、安藤さん)は満面の笑みで
オレに近づいてくる。
その笑顔は破壊力満点だ。怖いという意味で。

この物体がオレに近づいてくるのは
モノの数秒だったが・・・・
スローモーションみたいで5分くらいの
長い時間に感じた。

つかダッシュで逃げるという手もあったが
なんつーか「金しばり」にあったようなかんじで
動けないつーか
ヘビににらまれたカエル?ってやつ?
あんな状態だった。
jojo の3部でDIOの「ザ・ワールド」で
時を止められて動けないような。

「え?ああ、ああああ安藤さん?」
ひきつった声で応えるオレ。

その巨体はすげえ。
体が丸いってのはこのことを言うんだよね。
そう「丸い」んだよ。
それが自分に近づいてる。
しかも満面の笑みでw

なんつーか、
フサフサしたアウター着てるけど
そのフサフサがなんかこわく感じるというか
ブタが人間のアウター着てる感じで
すげえ違和感があるというか。

と、安藤さんのルックスのことを書くと
永遠に書けてしまうんでこの辺にしよう。

ひとことで言うと
ブタが駅の噴水の前で立ってる
それがすげえ当てはまる状況だ。

ちなみに今だったら
「写メとイメージが違うんで、今日は帰りますね」
とか言って、変えることができただろう。

だけど、まだこの時のオレは初心者からちょっと
抜けたくらいの経験値。
それができなかった。

この場から逃げられない
自分のマジメさというか
誠実さに逆に腹が立ったというか
すげえ複雑な気持ちが
グルグル回ってた。

ああでも、デブはイヤだ・・・・

そんな思いをぶった切るかのように

安藤さん
「あ、あれミナト君の車?」
とか言って勝手に乗り込もうとする。
もう逃げられない・・・・詰んだ

オレは車を出して
安藤さんを乗せて
ファミレスに向かう。

安藤さんが車に乗ると
気持ち、安藤さん側に車が
傾いたよな気がしたよ。

で、オレはどうやって
1秒でも早くこの場を切り上げようと
必死で考えてる。
こんなに頭の回転が速いのも
自分でスゲエと思った
スーパーコンピューター並みの回転の速さ。

とそんな考えをブチコわすように
安藤さんは楽し気にテンションアゲアゲで
しゃべりまくる。

「ねー、今日はどこ行くー」
「何食べるー」

とかすげえ楽しそう。
いままで男と会ったこともないんだろうな・・・・

まあ、楽しそうにしてるのに悪いが
お前を早くどこかでおろして逃げたいんだよオレは。

といっても、さすがに
すぐに
「お前、おりろよ」
という空気ではない。

オレはしょうがないから
「ファミレスでメシ食べる」
↓↓
「すぐに駅まで送ってソッコー解散」
これしかねえなマジで。

まあこれしかねえな・・・
オレはもうどうでもよくなってた。

「どうにでもして」
っていう
まな板にいる魚みたいな心境か。

んで、なるべく近いファミレスに向かうオレ。

それでも信号で赤で止まったりすると
スゲエ長く感じる。
永遠にこの地獄が続くかのようだ。

で安藤さんは楽しそう。
オレは
「ああ、そうだね」
「へーそうなんだー」

とかテキトーに相づちうってるだけ。

で、ファミレスについて
テキトーにちゃっちゃとメシ頼む。
早く終わらせよう空気満載。

まあ、ここまでくると
さすがの安藤さんも

「ああ、こいつ早く終わらせようとしてるな」
といった空気に気づいてくる。

その空気に気付いた安藤さん。

急に話さなくなり、マジで無言になる。

いやお前、極端すぎるだろ。
急に無言になるってなんだよそれ。

可愛い娘が無言だとイイ感じだけど
デブスが無言だと
なんかスゲエこわい。
この世の物体とは思えん。

で、無言で会計を済ませて
ファミレスを出る。
会計するときも、ずっと無言の安藤さん。

安藤さんがうしろこからついてくる
無言のホラー映画の主要キャストみたいな
感覚が出てきたよ。

「もうカンベンしてくれよ」

オレはもうガマンの限界を超えていて
いい年こいて泣きたくなってきた笑

「笑」とか書いてるけどホントに
あのときの現場では半泣きだったからね。
ギリギリ泣いてないくらいの感じで
目が赤くなってたよマジ。

そして駅まで車で行く。
なんつーかこの空気感。
安藤さんはスゲエ極端。

テンションアゲアゲでしゃべってて
自分に気が無いと思ったら終始無言。
お前、、極端すぎるだろ。
あつかい方が全く分からねえマジで。

で車の中での空気の重たさもハンパない。
40キロのおもりを両肩に下げてるくらい思い。

「早く駅についてくれ」
オレはもうそれを心の中で念仏していた。
信号が赤で引っかかると軽く死にたくなった。

駅のロータリーにつくと
「じゃ」
と言って無表情で車を降りる安藤さん。

これを見てオレは
「なにこんなのに気を使ってるんだ・・・・・」
と思った。

なんつーか
怒り?でもないし、落胆というか
自分で自分が情けないというか。

ただ、その時の開放感もハンパなかった

「いよおおおおおおおおっしいいいいいいいいいーーーー
いなくなったぜーやっとかいほうされたおーーーーーーー」


1年間監禁されてる牢獄から
脱獄できたスパイみたいな感覚?
しらんけど

やっとのことで安藤さんが車から降りる。
無限の時をさまよってたみたいな感覚だった。


オレは駅のロータリーを離れた。

なんつーか、時間にして1時間30分くらいだったが
6時間くらいはたってるようにかんじた。
体にはイヤな汗をかいた後の感覚と
ずーっと監禁されていたような生暖かい違和感があった。

その日オレは、ビールをセブンでしこたま買って
やけ酒気味だった。

「こんなイヤな思いするなら・・・」
とセフレつくりを一瞬辞めようと思ったくらいだ。

だけどオレは辞めなかった。

「もう詐欺写メとかだったら、絶対にその場で言って
すぐに解散しよう」

オレはそう心に誓った。

それがオレの今後のセフレ作り人生に
大きく役立つことになる。

まだその時はわかってなかったけどね

^^^^^^^^^^^

とこんなことがありました。

デブが苦手な僕が
詐欺写メのデブスと関わるとこうなります。

PCMAXでもそうですが
ネットの出会いだと詐欺写メとかって
どうしてもあるんですよ。

たまに別人レベルのバケモンが来ることもある。

だたまあ、
「逆詐欺写メ」
ってのもあるんすよね。

写メではイマイチだったけど
アポで会ってみると
「お、すげえ可愛いマジかよ?」
ってこともあります。

悪いことばっかりじゃない。

だから詐欺写メにあったときの
対応をしっかりすればいいんですね

この時の僕みたいに
女を車に乗せてしまったりしたらアウトです。

詐欺写メ女に会ったら
「写真とイメージが違ったんで、ここでお開きにしましょう」
と言って別れる。
これが一番ですよ。

これも最初は
罪の意識というか
せっかく来てもらったのに
悪いなあ・・・・
とかおもうかもしれないけど

でも、詐欺写メ過ぎた女も悪い
両成敗みたいなもんです。

それにこういのも、
一度言ってみると慣れます。

僕も最初は
「こんなこと言うのって、気まずいな」
とか思ってたけど
今では息を吐くように言えます笑。

タダ慣れるだけっす。

そう考えると
「人って変われるんだな」とつよく感じます。

でも、おかげで
写真の加工が強い女とか
すげえ警戒するようになりました。

そのおかげで、この時みたいな
極端なデブスと会うことはほとんどなくなりましたよ。

ぶっちゃけ、早い段階で
こういった経験できてよかったと思ってます。

このあとは安定して、割とかわいい娘と
会えるようになってきましたから。
この事件がキッカケと言ってもいいくらい。

詐欺写メはさけられないけど
うまくのりきって、可愛い娘ゲットしていきたいっすね。

こういうことも、うまく今後の経験に
生かしてほしいなーと思ってます。

ミナトでした。

【無料企画】セフレつくり講座7DAYS&メルマガやってます

32歳からセフレつくりをはじめたミナトが・・・・
2年間でセックス中毒になるほどセフレつくりに没頭

・その体験からのセフレつくり方法をあますところなく
書き記しています。

・小手先のテクじゃなくて、一生もののセフレつくりの
コツを知ることができます。

・特にネットナンパに特化したセフレつくりのやり方なんで
ネットナンパをやりたい人に向いています。

→無料で「セフレつくり講座」を読んでみるのはコチラから

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<

【無料企画】セフレつくり講座7DAYS&メルマガやってます

32歳からセフレつくりをはじめたミナトが・・・・
2年間でセックス中毒になるほどセフレつくりに没頭

・その体験からのセフレつくり方法をあますところなく
書き記しています。

・小手先のテクじゃなくて、一生もののセフレつくりの
コツを知ることができます。

・特にネットナンパに特化したセフレつくりのやり方なんで
ネットナンパをやりたい人に向いています。

→無料で「セフレつくり講座」を読んでみるのはコチラから

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<

体験談
ミナトのセフレライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました